公益信託久保田豊基金とは

開発途上国における社会・経済基盤の整備は、先進国の経済・技術両面の援助の後押しを受けて急速に進展しています。こうした先進諸国の支援は今後も継続されるべきものですが、一方、経済基盤の開発と安定維持は、徐々に途上国自身の手に委ねられていくことが必要です。すなわち、自立・自助こそが最も大切なものです。
久保田豊基金は、この理念のもとに、開発途上国の技術者の養成を通じて産業技術の振興・発展に寄与する目的で、日本工営株式会社の創業者である故久保田豊が委託者となり、私財を投じて1984年に設立した公益信託基金です。
当基金は、設定以来現在までに、世界各国から来日した数多くの研修生および研究者に対して助成金給付活動を実施しています。

Developing countries are rapidly improving their social and economic infrastructures backed by economic as well as technical support from industrialized countries.
This kind of support should continue, but it is also necessary to gradually leave to themselves how to develop and stabilize their economy for the future. It is most essential for them to try to stand on their own feet.
The Kubota Fund was established with this notion in 1984 by the late Yutaka Kubota, founder of Nippon Koei Co.,Ltd., who contributed the necessary funds from his own property. The aim of the Fund was to foster the growth of industrial technologies of less developed countries by financially assisting their potential leaders in various fields to get necessary education and training. The Fund has, since its establishment, helped many trainees and researchers from developing countries all over the world.

事業内容

(1)開発途上国から来日した者で、日本国内の企業または団体等において途上国の開発のための技術(特に土木・電気・農業・環境・エネルギー・開発経済等)の研修または研究を行なう者に対する助成金の給付
(2)上記のほか、基金の目的を達成するために必要な事業

(1) To provide financial aid to those who come from developing countries for recieving training or doing research (particularly in such fields as civil, electrical, agricultural engineering, enviroment , energy or development economics) at business firms or other organizations in Japan.
(2) Other activities necessary to attain the objective of the Fund.

応募について

2017年4月~2018年3月までの受給生を以下のとおり募集します。募集要項をよく読んで、ご応募ください。

The Kubota Fund invites applications for grants for FY2017/2018 on the following terms. Read the application guide well, and send us the documents required.


■提出書類について/the documents required
提出する書類は4点です。それぞれ次の方法で提出して下さい。
(1)~(4)の全て((1)申請書はメール、郵送ともに)が到着した段階で応募を受け付けます。

Trainees wishing to apply for grants are requested to submit 4 documents. When we get all documents (Application Form (1) must send by both e-mail and mail), your application will be accepted.

提出方法/how to submit 書類名/Name of the document
メール送付による提出/By e-mail
【送付先/e-mail address】
kubota-fund@bx.n-koei.co.jp
(1) 申請書/Application Form
※写真の貼りつけ、署名は不要です。
You don’t need to put your photo and signature.

※入力後のPDFは「上書き保存」をし、変換や再スキャンなど形式の変換を行わずにご提出ください。
Please send the PDF without modifying, re-scanning or changing the application for our process purpose.

郵送による提出/By mail
【送付先 /mailing address】
〒102-8539 東京都千代田区九段北 1-14-6 日本工営(株)内
公益信託久保田豊基金 運営委員会事務局宛

The Secretarial Office for the Managing Committee The Kubota Fund c/o Nippon Koei Co., Ltd. 1-14-6 kudankita 5-4, Kojimachi Chiyoda-ku, Tokyo, Japan 102-8539
(1) 申請書/Application Form
※写真を貼付し、署名をして下さい。
Make sure your photo is attached and singed.
(2)推薦書/Letter of Recommendation
(3)在席証明書(当基金受給期間中の在籍機関を証明するもの) /Certificate which shows that trainees belong to a company or organization within Japan, for period of our Grant.
※2016年度より入学予定の場合は、合格証明書を送付してください。
The person enrolled from fisical year 2016 , please send a pass certificate.
(4)母国の大学・大学院での成績証明書(4年次または修士2年次のもの)/ Transcript of Bachelor or Master Course (for the final year) of the college/university/graduate school in your home country.
※高等専門学校生・大学学部生については、成績証明書は不要です。
Technicall college students and undergraduate students unnecessary.

■応募締切/Closing date for applications
2017年1月20日(金)消印有効/January 20, 2017. (Postmarked by January 20, 2017 are valid)


■ダウンロード/Downloads

募集要項/application guide Japanese English
(1)申請書/Application Form Download
(2)推薦書/Letter of Recommendation Download
「(1)申請書」入力の際はPDFファイルをPCのデスクトップ (推奨)または任意の場所にダウンロードしてください。

PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerというソフトが必要です。

最新版ではないAdobe Reader、またはアドビシステムズ社以外のPDFファイル閲覧ソフトをお使いの場合、ファイルの一部が表示されない、または保存出来ないことがあります。

Please save the (1)Application Form PDF file to your desktop before editing. You need the latest Adobe Reader to open PDF files normally.

ダウンロード手順については下記をご参照ください。/Manuals for Download
●(Windows版)Adobe Readerのダウンロード手順
●(Mac OS版)Adobe Readerのダウンロード手順

[English]
●(Windows) Install Adobe Reader X
●(Mac OS) Install Adobe Reader X

■その他の注意/Other notes
(1)申請書は日本語でも英語でも構いませんが、手書きは禁止します。
 You can write in Japanese or English.
(1)Application Form must be typed. Handwritten application will not be accepted.


ご提供いただく個人情報は、選考および選考結果の連絡のためのみに利用し、それ以外の目的では利用いたしません。
Your personal data will only be used for the selection and the notice of selection and not for other purpose.

基金の運営

みずほ信託銀行が受託者として、委託者との契約に従い、拠出された財産の管理・運営を行ない、その運用益により当基金の日常運営を実施します。受託者の職務執行を援助する機関として運営委員が設置されています。
運営委員会は、助成金給付対象者の選考および助成金額決定に際して、勧告その他の業務を行ないます。
また、受託者の職務執行を監督する信託管理人が置かれ、本基金の公益性が確保・維持されるしくみになっています。

The Mizuho Trust & Banking Co., Ltd. manages and operates the money in trust as the Trustee in accordance with the contract with the Trustor, and runs the Fund with profit from the operation.
A Managing Committee assists the trustee in executing its activities.
A Managing Committee advises and directs the Trustee on the selection of recipients, and the amount of aid, while doing other activities.
A Trust Administrator monitors the activities of the Trustee to ensure appropriate management of the Fund.

略歴

  • 明治23年(1890年)熊本県阿蘇郡に生まれる
  • 大正 3 年(1914年)東京帝国大学工学部土木工学科卒業
  • 昭和16年(1941年)日本窒素肥料株式会社取締役
  • 昭和18年(1943年)朝鮮電業株式会社社長
  • 昭和21年(1946年)新興電業株式会社 (現 日本工営株式会社)社長
  • 昭和39年(1964年)社団法人海外コンサルティング企業協会会長
  • 昭和48年(1973年)日本工営株式会社取締役会長
  • 昭和61年(1986年)逝去 享年96歳

Personal History

  • 1890 Born on April 27 in Kumamoto Prefecture
  • 1914 Graduated from the Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Tokyo lmperial University
  • 1914 Graduated from the Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Tokyo lmperial University
  • 1914 Graduated from the Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Tokyo lmperial University
  • 1946 President of Shinko Power Co.,Ltd. (now Nippon Koei Co., Ltd.) established by himself
  • 1964 Chairman of Engineering Consulting Firms Association, Japan estabiished by himself
  • 1973 Chairman of Nippon Koei Co., Ltd.
  • 1986 Passed away aged 96

PAGE TOP